給与管理に便利な会計ソフト

会計ソフトの選び方について

会計ソフトとはもともと、企業の会計処理をおこなうためのソフトですが、会計ソフトの中には勤怠時間管理が出来るタイプの物があります。最終的に給与管理をしたいのであれば、勤怠時間管理機能が付いてる会計ソフトを選んでおくのが得策です。この機能が付いてれば、一人ひとりの社員の勤務状態を集計するのが楽になり、残業時間や休日出勤時間の算出がすぐに行えるようになります。ソフトのタイプによっては、休暇申請や承認も行えるようになりますので、業務も円滑に進むようになります。また、給与管理が最終目的である場合、給与管理ソフトに連携できるタイプの会計ソフトを選ぶ必要があります。もし、既に給与管理ソフトが導入されいるのであれば、そのソフトに対応した会計ソフトを選びましょう。

クラウド型の魅力について

会計ソフトも給与管理ソフトも、インストール型とクラウド型の2種類があります。今回おすすめしたいのはクラウド型です。クラウド型の魅力は導入コストが安く、ソフトウェアはレンタルとなり、月額料金2千円程度で利用できます。ソフトウェアがバージョンアップしたとしてもユーザーには負担がかからないのも魅力です。また、クラウド型となると勤怠データや給与データが、クラウドに保管されますので、情報の共有化ができ、複数人数での共同作業がやりやすくなり業務の効率が一気にアップします。更に、大切なデータがクラウドに残されていますので、災害などで事務所が被害に遭ったとしてもデータを失うことが無く安心して運用する事が出来ます。

マイナンバーシステムは、社会保障、税、災害対策の分野で効率的に情報を管理し、国民の利便性を高め公平な社会を実現する社会基盤です。